ストレス性胃腸炎や脳動静脈奇形の予防~ココロのバランサーゲート~

病院

しっかりと治療

私達は、さまざまな病気を発症させる可能性を持っています。そういった病気を放置しておくことで、しっかりと完治することはありません。病気を完治させる為には、病気に合わせて専門の病院へ行くことが必要です。脳動静脈奇形を発症させた人は、くも膜下出血やてんかんを起こす可能性が非常に高いと言われています。発症する原因は、今でもはっきりとはわかっておらず、年齢とともにその動脈と静脈の塊が大きくなると言われています。

最初の症状としては、自分で感じるものの中に頭痛や吐き気などがあります。二日酔いや風邪などでも発症する症状なので、最初の段階では、脳動静脈奇形の症状だということに気付きにくいでしょう。しかし、月日の経過とともに異なる症状が現れてきます。その症状はてんかんです。てんかんというのは、痙攣を含めた発作が特徴的なものです。こういった症状が現れた場合には、専門院に足を運んで検査を受けましょう。脳動静脈奇形は、脳神経外科で検査を受けることが出来ます。

脳動静脈奇形を治療する方法は、患者の状態に合わせて決めます。一般的には手術を行ないます。静脈と動脈の塊が小さい場合、成功する確率が非常に高い手術だと言われています。しかし、余命が長くない人に限っては、ガンマナイフという方法を用います。ガンマナイフというのは放射線治療のことで、後遺症が残る可能性がある治療法となります。塊のサイズによって手術をする方法も異なるので、医者の判断に委ね、完治へ向けての治療に努力をすることです。

Copyright©2015 ストレス性胃腸炎や脳動静脈奇形の予防~ココロのバランサーゲート~ All Rights Reserved.